Skip to main content

Part 3 / Errors and redirects / Basics

SvelteKit には2種類のエラーがあります — 想定される(expected) エラーと 予期せぬ(unexpected) エラーです。

想定されるエラーとは、@sveltejs/kit からインポートできる error ヘルパーを使用して作成されるエラーのことです。src/routes/expected/+page.server.js をご覧ください。

src/routes/expected/+page.server.js
import { error } from '@sveltejs/kit';

export function load() {
	throw error(420, 'Enhance your calm');
}

それ以外のエラー — 例えば src/routes/unexpected/+page.server.js にあるようなエラー — は、予期せぬエラーとして扱われます。

src/routes/unexpected/+page.server.js
export function load() {
	throw new Error('Kaboom!');
}

想定されるエラーをスローすることは、あなたが SvelteKit に '大丈夫、ここで何をやってるかちゃんとわかってるから' と伝えているようなものです。対照的に、予期せぬエラーの場合は、アプリのバグであると考えられます。予期せぬエラーがスローされた場合、そのメッセージとスタックトレースがコンソールにログ出力されるでしょう。

後の章で、handleError hook を使用したカスタムエラーハンドリングの追加方法を学習します。

このアプリのリンクをクリックすると、重要な違いに気付くでしょう。想定されるエラーのメッセージはユーザーに表示されますが、予期せぬエラーのメッセージは編集され、一般的な 'Internal Error' メッセージと 500 ステータスコードに置き換えられます。これは、エラーメッセージには機密情報が含まれている可能性があるからです。

Next: Error pages

1
2
<h1>home</h1>
 
initialising